2021/01/19 12:25

様々なクリエーターによりプロジェクトを形成する中で、社会貢献とオリジナリティの観点からドライフラワーの作成により

再び世の中に蘇らせることで、新たな命を吹き込む。アップサイクルな観点を共感いただき、廃材になり得るはずのもので、
クリエイティブな想いも一緒に表現する。そんな、未来を創り上げることを目的としています。

Word by foo Designer 高橋由美子 : 花や緑にはリラックスした人の状態をコントロールする効果がるという研究結果があります。
花を見ることでストレス状態で高くなる交感神経の緊張が25%低下し、リラックス状態で高くなる副高感神経の活動が29%
上昇するそうです。癒しを与えて不安や緊張をほぐしてくれる好影響があります。
視覚だけでなく嗅覚からもその効果は得られます。ハーブや植物をドライフラワーにすることで長く楽しめるだけでなく凝縮された
ハーブの香り、優しく変化していく色合いを楽しんで頂けます。ドライフラワーの魅力は落ち着きのある色合い、時間の経過を
楽しめるアンティーク調の雰囲気。そして、自然のパワーが凝縮されたドライフラワーを身近に置くことで日々の癒しの存在と
なってくれます。ドライフラワーを自分で作ってみるのもいいでしょう。生花をしっかりと水揚げして風通しの良い場に半日
陰に吊るします。おおよそ2週間から3週間でほとんどの植物がドライになります。
生花がドライフラワーになり数ヶ月から数年かけて少しづつアイボリーの様な色合いになっていくことと思います。
お花の変化で、時間の経過と自分自身の変化を感じるかもしれません。ドライフラワーは自然の恵みを与えてくれ、
また自然に戻ります。地球にも優しい癒しの存在ともいえます。

foo:「高橋由美子」フラワーセオリーデザイナーズ協会理事長、フラワーアレンジメント非常勤講師、ブラザードフラワー加工
技術者1級、コーティングクラフト師範、ブライダルコンサルト、グラスアートインストラクター、華道師範など、
各地展示会や雑誌などで作品を発表。ハンドメイドブリザードのオリジナルグラデーションなどを研究する。